露出が少ないからとムダ毛の処理をさぼっていませんか?

見えない冬こそムダ毛のお手入れを!【PR】

冬は寒いし~。見えないからまぁ、いいか!とムダ毛の処理をさぼりがちになる女子は7割を超えるというデータも?!

夏と違って半そでやノースリーブを着たり、生足を見せたりする機会もぐんと減るので、「ムダ毛の存在すら忘れてる」という方も!

さぼっていた分、思わぬシーンで「きちんと処理しておけば良かった・・・」と、後悔することがあるかも・・・

この寒い時期こそ、ムダ毛のお手入れはしっかりと。また、肌が乾燥する季節でもあるので、ムダ毛と合わせてお肌のケアも怠らないようにし、ツルスベ肌をKEEPしておきましょう。

紫外線が少ない時期がチャンス!

脱毛はワックス脱毛・フラッシュ脱毛などの種類がありますが、全般的にエステサロンで脱毛をする場合は、紫外線を気にかける必要があります。

特にフラッシュ脱毛の場合は、レーザーをお肌に照射して毛根にダメージを与え、ムダ毛を再生させないようにするという施術方法となり、肌は軽いやけどに似た状態となります。
このため、照射後には冷たいジェルなどでのクールダウンを行いますが、できるだけダメージを少なくするため日焼けにも気を付ける必要があります。

また、冬に脱毛サロンに通い始めれば、肌の露出が多くなる夏には、ある程度の脱毛効果を実感できます。

毛には「毛周期」という新しい毛が生えてくるまでのサイクルがあり、

「休止期」→「退行期」→「成長後期」→「成長期」→「成長初期」という周期を繰り返しています。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など、「光」を使う脱毛は、成長期の無駄毛に照射することが最も効果が高いため、成長期を待って照射します。

毛周期は体の部位によって異なりますが、ワキであれば、0.3mm/日:4か月周期、手・足であれば、3か月半~6か月周期と言われています。

毛周期を踏まえ、夏に向けて冬の間からムダ毛の対策を計画しておきましょう。

 

乾燥する季節の肌のケア方法は?

乾燥が気になるこの季節は、脱毛後もしっかりしたアフターケアが必要です。

特に、肌がデリケートになっている状態のため、シャワーに入る場合も、身体を手のひらでやさしく洗いましょう。ゴシゴシとボディタオルで強くこするのは、肌トラブルを起こす原因になるのでNGです。

お風呂上がりは特に、乾燥しがちなので脱毛した部分の保湿が非常に重要です。タオルドライでやさしく水分を吸い取ったあとは、できるだけ早めに保湿ローションなどを塗布しましょう。

敏感肌用のローションや乳液は低刺激なので特に脱毛後の保湿には適しています。日々の保湿ケアを怠ることなく続けることで、皮膚も柔らかくなり、埋もれている毛が出やすくなり、脱毛効果アップも期待できます。

 

サロン脱毛のメリットは?

ムダ毛の自己処理は、「面倒で手間がかかる」「自己処理で、肌荒れしてしまい汚くなって気になる」など、数々の問題やトラブルが見受けられます。

サロンで脱毛を行うと、プロの手によるムラのない脱毛ができること、ある程度の期間通うことで、ほぼムダ毛が無くなりツルツルになること、低価格なキャンペーンなどを利用できることなど、さまざまなメリットがあります。

また、自己処理の場合は、そり残しがあったり、しょっちゅう処理をしなくてはならなかったり、あらゆる面で効率が悪いと言えます。

衛生面においても、サロンでの脱毛は季節にあったケアを行ってくれるので、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

信頼できる脱毛サロンに冬の時期から計画的に通うことで、ツルスベ肌を保持したまま夏に突入できるでしょう。

見えないところこそキレイに!VIOの人気サロン

気になるVIO部分の脱毛は、肌をいたわりながら痛みも最小限に抑えられることが重要です。

また、徹底した衛生管理と技術力があるかどうかカギになります。

見えない部分こそ、しっかりケアしながら安心して処理してもらえるサロンが理想ですね。

東京・銀座のブラジリアンワックス脱毛サロン「Ginza bonny 銀座本店」